法律資格の中でもハードルが低い宅建|独学でも取れる資格

レディ

話す聴くを回復する仕事

男女

機能回復と生活の質の向上

言語聴覚士は、病気やケガにより話すことや聴くことに障害を負った患者さんに対してリハビリを行うことで言語および聴覚の能力を回復することを目的とした職業です。話すことや聴くことは人とのコミュニケーションを図る大切な能力です。言語聴覚士は、これらに障害がある人の機能回復を助け生活の質を向上させるという目的を持ちます。一口に言語や聴覚に障害があるといっても、一人一人その要因や症状は違います。そのため言語聴覚士は、患者さん一人一人に合った訓練プログラムを立てていくのです。なお、口を動かすという訓練の派生から、言語聴覚士は「食べる」「飲み込む」といった食事に関する訓練も行います。言語聴覚士の多くは病院や福祉施設で働いています。近年、これらに加えて幼稚園や保育園等の子どもに関する施設で働く言語聴覚士が増えているのです。これは子どもの発達に関する理解や研究が増えたことにより、子どもたちの言語や食事の仕方によって発達の遅滞や障害を判断がしやすくなり、早期のうちに言語聴覚士による訓練を行うことを目的としているからです。

需要が高まる

言語聴覚士は、比較的新しい職業です。しかし高齢化社会の進行および障害を負った人の生活の質の向上が求められることから、この職業に対する需要が高まり、今後求人は増えていくと考えられています。言語聴覚士は国家資格が必要です。そのためこの職に就くには、養成課程のある大学か短大、専門学校で学び卒業後国家試験を受け合格しなければなりません。養成課程は大学が4年以上、短大・専門学校は3年以上です。なお、養成課程のない一般大学を卒業した人がこの職を目指す場合、指定された大学・大学院の専攻科、もしくは養成学校で2年以上学ぶことで国家試験を受験する資格が得られます。先にあげたように大学は4年以上学ばなければ国家試験の受験資格が得られませんが、短大・専門学校は3年以上で受験資格が得られるため、できるだけ早く言語聴覚士の職につきたいと考える場合は短大・専門学校がおすすめです。