法律資格の中でもハードルが低い宅建|独学でも取れる資格

勉強
男女

自分のスキルを形に

ビジネス系の資格を持っていると、就職や転職などで有利になるでしょう。企業内で取得の補助をすることもあります。自分がやりたい仕事に必要かどうかを考えて、どんなビジネス系の資格があるかをよく調べてからチャレンジしましょう。

在学中に法律資格を目指す

女の人

法律の資格を取りたいなら

大学に入学したら、様々な資格を取りたいと思う人も多いでしょう。その中でも、法律関連の資格は就職活動にも役立つでしょうし、社会人になってからもいろんな場面で大活躍します。そのため、法学部に在籍している人はもちろん、それ以外の学部の人でも積極的に目指しているのです。さて、法律資格の中でも比較的ハードルが低いのは、宅建の資格となっています。そこまで難易度は高くありませんし、独学でも十分に合格することができるので、まずは宅建から目指す人が多いです。法律の知識がほとんどない状態でも、独学で3ヶ月から半年ほどの学習で合格することが可能なので、時間に余裕のある大学生であれば、スムーズに資格を取得することができるはずです。

学習プランを立てる

ただ、いくら宅建が独学でも合格できるとはいえ、やはり法律資格である以上は、しっかりと勉強をしなければいけません。それなりに難しい問題も出題されるので、決して油断をしてはいけないのです。したがって、独学で宅建の資格を目指すのであれば、まずは学習プランをしっかりと立てるようにしましょう。闇雲に勉強するのではなく、計画通りの学習をしていくことが合格の近道なのです。1日にどれぐらいの時間を宅建の学習に費やせるのか、そこを考慮した上で計画を立てるようにしましょう。無理な学習プランを立てても失敗する可能性が高いので、現実的な方法で取り組んでいかないといけません。最終的に、独学で宅建の資格を取得できれば、さらに上を目指してみるのもいいでしょう。

男女

話す聴くを回復する仕事

言語聴覚士は話すことや聴くことに障害がある患者に対してリハビリを行い機能回復を手助けする職業である。人とのコミュニケーションを図りやすくし生活の質の向上を目的としている。言語聴覚士は国家資格が必要である。この職に就くには養成課程のある大学や短大、専門学校で学び卒業後国家試験に合格しなければならない。

ウーマン

仕事に役立てましょう

マネジメントを学ぶメリットは、正しい意志決定を行うことに役立つこと、社会や組織全般について知ることができる点にあります。そして、社会人に必須のスキルと言われる理由はここにあると言えます。どの資格を目指すべきか悩んでいるならば、ご自身が関わっている仕事内容や、これから希望する仕事を基準に選びましょう。